HOME > ニュース > 建築トピックス > R3-3建築学生ワークショップ明治神宮2021について(日程変更)

R3-3建築学生ワークショップ明治神宮2021について(日程変更)

2021年9月13日掲載建築トピックス

サンユー建設は、特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタが主催する、全国の建築学生を対象にした地域滞在型ワークショップ「建築ワークショップ明治神宮2021」に協賛しています。建築部門より2名がアドバイザーとして参加し、学生たちが行う設計から原寸制作までの活動をサポートしています。

建築学生ワークショップは、建築や環境デザイン等の分野を専攻する大学生を対象にした、普段の大学生活では体験できないスケールで作品制作を行う地域滞在型ワークショップです。国内外にて活躍中の建築家を中心とした講師陣の指導のもと、開催地の歴史や地域環境を研究しながら、他大学生との交流の中でその場所における社会的な実作品をつくりあげる経験を目的としています。

今回の開催地である明治神宮は現代に受け継がれてきた、我が国を代表する神社です。その境内は22万坪(約73ヘクタール)に及ぶ広大な神域と森に囲まれています。内苑と外苑に分かれたこの森は太古の原生林と見まがう人工の森として存在し、東京で絶滅したはずの生物が数多く生息する場所です。将来を担う学生たちが今という時代に向き合い、この場所でできることに全力で取り組み、新たに建築空間の力を備えて「実際につくる」という挑戦は大変貴重な試みです。

【制作内容】
“唯一無二の歴史的風土を守るために、あなたの提案を実現して下さい”
原寸模型を地域財産(自然素材/木材、和紙、土、石など)の材料で制作

【開催場所】
明治神宮 境内にて
8班に分かれて、8か所の展示スペースで制作・組立

【スケジュール】
令和4年3月1日(火)~3月5日(土)現地集合・材料搬入・原寸制作ファイナル
令和4年3月6日(日)公開プレゼンテーション

【詳細】
オフィシャルサイトにてご確認下さい。

下記画像をクリックするとPDFファイルが開きます。